建設工事用仮設構造物の機材の認定・使用基準等の設定及びそれらの周知、試験、技術的指導等に関する一般社団法人です。

03-3455-0448

FAX 03-3455-0527

(受付時間 9:00~17:00 土日祝日除く)

2022年4月号

2022年4月号

主な内容

・巻頭言「今日よりも幸せな未来を創造する
 ために

 日建リース工業㈱代表取締役社長 関山正勝 氏
・一人親方か労働者か
Two steps forward, One step back
 「LIFE DECION(前編)」
 光洋機械産業㈱ 張帆 氏


フィリピンのマンション改修工事現場
<写真提供:光洋機械産業㈱
写真は2018年5月、フィリピン マニラ首都圏のボニファシオ・グローバルシティで撮影したマンションの改修工事現場です。 この現場では、足場用鋼管による本足場が設置されていました。建地はジョイントを用いて接続するのではなく、緊結金具を用いて抱かせて接続しています。また、長尺の足場板ではなく、床付き布わくが腕木に架け渡されています。壁つなぎ用金具は使われておらず、圧縮側は腕木を躯体に壁当てし、反対側は方杖により支持されています。フィリピンで使用される足場は、単管足場又は枠組足場が多く、特に枠組足場については、梯子枠を使用するケースが多いようです。また、一定規模の建設現場においては、フルハーネス型墜落制止用器具の二丁掛け使用がスタンダードになっているそうです。


仮設機材マンスリートップへ戻る

PAGE TOP