建設工事用仮設構造物の機材の認定・使用基準等の設定及びそれらの周知、試験、技術的指導等に関する一般社団法人です。

03-3455-0448

FAX 03-3455-0527

(受付時間 9:00~17:00 土日祝日除く)

大阪試験所

《当試験所は平成30年末(2018年)をもって摂津市へ移転いたしました。》
〒566-0052
大阪府摂津市鳥飼本町4-18-20(Googleマップ)
アクセス:JR東海道本線「千里丘駅」からの場合
駅前阪急バス乗り場から「柱本団地(大阪モノレール南摂津駅経由)」「摂津ふれあいの里(阪急摂津市駅経由」行き(約30分)
「西鳥飼」下車、進行方向へ徒歩3分
TEL:072-648-5980
FAX:072-648-5981
大阪試験所写真(トリミング)のコピー_edited-1.jpg

《試験設備の概要》

200kN圧縮試験機
本試験機は各種仮設機材の強度試験を行うための試験機で、上部耐圧盤に取り付けられたロードセルにより荷重を検出し、デジタルで表示されます。高さは4m、幅は1.1mまでの機材等の試験が可能です。

また、基礎上に設置されたレールを移動する長さ2mと3mの2つの曲げ試験用ベッドがあり、特殊治具の使用によりロングスパンの曲げ試験も可能です。

能力

最大容量 200kN
秤量 6段(200kN、100kN、50kN、20kN、10kN、5kN)
ラムストローク 300mm
有効柱間隔 1120mm
上下耐圧板間隔 最大 4.0m

実施可能な試験の種類

100kN万能試験機

能力

最大容量 100kN
ラムスピード 無段階任意設定
チャック間隔 最大 1250m
有効試験幅 595mm

50kN万能試験機

能力

最大容量 50kN
秤量 5段(50kN、25kN、10kN、5kN、2.5kN)
ラムストローク 200mm
有効柱間隔 430mm
チャック間隔 最大 750mm

実施可能な試験の種類

緊結金具の引張試験

メッシュシート等耐貫通性能試験設備

特徴

水平面から30度の角度(固定)に張ったメッシュシート又は建築工事用垂直ネットに落下体を落とし、落下物防護性能を調べるための設備です。試験可能なメッシュシートのサイズは1.8m×5m及び1.83m×5.1m、落下高さは最大4.0mです。

安全ネット落下試験装置

特徴

水平に張った安全ネットに落下体を落とし墜落防止性能を調べるための設備です。試験可能な安全ネットのサイズは5m×5m及び6m×6m、落下高さは最大4.5mです。 落下体には、90kgの重錘を使用し、試験においては破損の有無と同時に、落下体に内蔵された加速度計により落下阻止時の減速度を測定することができます。
上記以外の落下体、又はネットのサイズによる試験も可能です。

仮設工業会についてトップへ戻る

PAGE TOP