建設工事用仮設構造物の機材の認定・使用基準等の設定及びそれらの周知、試験、技術的指導等に関する一般社団法人です。

03-3455-0448

FAX 03-3455-0527

(受付時間 9:00~17:00 土日祝日除く)

東京試験所

平成6年3月に展示室、会議室を備えた仮設機材の専門試験所として埼玉県所沢市に開所し、認定検査はもとより、大型の仮設構造物や仮設に限らず特殊な構造物まで種々の試験を実施しております。

〒359-0021
埼玉県所沢市東所沢4-8-3(Googleマップ)
アクセス:JR武蔵野線「東所沢駅」下車:徒歩15分、タクシー5分
TEL:04-2946-0445
FAX:04-2945-7452

tkf3.jpg tkf1.jpg

2000kN圧縮試験機

2000kN.jpg

特徴

本試験機は各種構造物等を組み立てた状態で強度試験を行うことができる試験機で、高さは約11mあります。
構造は従来のアムスラー型と異なり、電気的に計測を行い、測定結果をデジタル表示にて読み取ることができます。基礎は、長さ10mのベースビームが地中に埋め込まれ、試験機の支柱の内法間隔は2.5mで、2.5m×10mの面積内のどこでも荷重を受けることができます。
また、基礎にレールが設けられ、これに幅約2mの曲げ試験用架台が乗っており、長さ10mまでの曲げ試験が可能です。

能力

最大容量 2000
秤量 5段(2000kN、1000kN、500kN、200kN、100kN)
ラムスピード 0~60mm/min
ラムストローク 300mm
柱間有効間隔 2500mm
上下耐圧盤間隔 MAX 11.9m
曲げ試験間隔 1m~10m(MAX.10m/40kN)
検力器 V型デジアナ両表示式
荷重出力 0-5V DC/Full Range ×2ch
ストローク出力 0-5V DC/Full Range ×2ch

実施可能な試験の種類

大規模実大試験、各種大型仮設機材等

p_t_shiken01.jpg p_t_shiken06.jpg p_t_shiken08.jpg
型わく支保工の実大試験 荷受ステージの強度試験 支保工の水平抵抗力試験

500kN万能試験機

500kNew.jpg

能力

最大容量 500
秤量 6段(500kN、250kN、100kN、50kN、25kN、10kN)
負荷速度 最大80mm/min 3層1.5kW
クロスヘッド昇降速度 約450mm/min
支柱間隔 650mm
最大つかみ具管距離 900mm
ラムストローク 250mm

200kN圧縮試験機

200kN.jpg

特徴

本試験機は、各種仮設機材、構造体及び製品等の大型供試体を対象とした圧縮/曲げなどの試験を目的とした造物試験機です。
構試験機上部加圧盤に取り付けられたロードセルにより荷重を検出し、デジタルで表示されます。高さは5m・幅は2mまでの供試体の試験が可能です。
また、曲げ試験の最大スパンは4mであり、試験機のラムストロークが500mmあるため、変位の大きい曲げ試験も可能です。

能力

最大容量 2000kN
秤量 6段(200kN、100kN、50kN、20kN、10kN、5kN)
ラムスピード 0~100mm/min
ラムストローク 500mm
有効柱間隔 2000mm
上下耐圧盤間隔 MAX 5000mm
クロスヘッド昇降 電動式
クロスヘッドロック 油式ジャッキ式ロック機構付き
ロック機構 ネジバックラッシュキャンセル方式
ベット面積(有効) 1800×4100mm(鋼板張り)
ベット強度 最大スパンにて200kN曲げ荷重
0-5V DC/Full Range×2ch

50kN圧縮試験機

50kN.jpg

能力

最大容量 50kN
秤量 5段(50kN、25kN、10kN、5kN、2.5kN)
チャック間隔 0~800mm
圧縮板間隔 0~400mm
ラムストローク 250mm
検力器 MR型デジアナ両表示式
荷重出力 0-5V DC/Full Range×1ch

親綱支柱落下衝撃試験装置

p_t_shinkou.jpg

特徴

H形鋼に親綱支柱を取付け、安全帯を取り付けた砂のうを落下させ、各部にかかる衝撃力を測定する。

親綱支柱取付間隔 MAX 10m
最大落下距離 6m

仮設工業会についてトップへ戻る

PAGE TOP