建設工事用仮設構造物の機材の認定・使用基準等の設定及びそれらの周知、試験、技術的指導等に関する一般社団法人です。

03-3455-0448

FAX 03-3455-0527

(受付時間 9:00~17:00 土日祝日除く)

(第3版)足場・型枠支保工設計指針

(第3版)足場・型枠支保工設計指針

主な内容

《第3版/平成29年4月1日発行》  
-B5版 236頁  5000円(税込)- 足場及び型枠支保工の種類ごとに、使用条件に応じて検討を要する要点を明確にし、計算例を入れながらより具体的に強度計算の方法をまとめた図書です。
 第3版ではこれまでのものと指針内容、計算手法等の基本的内容に変更はありませんが、規則改正の反映等のため文言・図版修正等を行い、又図版等を見やすく修正いたしました。
 主な修正点は以下の通り。
(修正点)
1)労働安全衛生規則改正を反映
①単管足場が高さ31m以上である場合の措置を追加。
②足場の重量計算等に下桟、幅木を追加。
③足場板と建地とのすき間が12cm未満であることを追加。
2)朝顔設置に関する建設省通達を更新。
3)本文中、主に「主要部材の検討事項」における説明をわかりやすく修正。
4)認定基準等の改正を反映
①はりわく使用基準の改正
②くさび緊結式足場使用基準の改正
5)「建枠」「布枠」等の「枠」及び「交差筋かい」の「差」を平仮名に、「中さん」等の「さん」を漢字に各々修正
6)くさび緊結式型枠支保工使用例写真の一部及び「資料6」承認一覧表の削除

目次中ページ
PDF PDF

図書紹介トップへ戻る

PAGE TOP